主要地域(ローラシア連邦)

ファセップ環礁(Feresep atoll)

ゴード大陸の西、西央洋にぽかりと浮かぶ、浅海海域。
周囲の平均水深は1000mを超える中、この環礁のあるところだけ激しく隆起し、珊瑚礁によって南の浅海の生態系が構成されている不思議な海域。
海底火山の隆起によるものだと言う説が現在最も有力だが(実際熱源らしきものもあるらしい程度に分かっている)実際のところ今だよく分かっていない。

世界的な観光地として有名で、毎年多くの観光客が訪れる。
また、ファセップ環礁では5年に一度の周期で夏至の日の夕方、気温、気圧、湿度などの条件が揃った時、差し込む茜色の夕日によって環礁全体が見事な琥珀色に染まる現象が起きる。
これはセントアンバー(Saint amber、聖なる琥珀)やアンバークラウン(Amber crown、琥珀の冠)と呼ばれ、多くの人々を魅了する。


ヴェデリアル航空宇宙基地(Vederyal Aerospace base)

ローラシア連邦南西部のガルゼットに位置するローラシ連邦最大の宇宙開発拠点で、大陸初となった全長20kmにも及ぶマスドライバー施設を有する巨大基地である。
そのほかにも通常のロケットやシャトルの発射台、緊急軌道迎撃機発信用の小規模マスドライバー、各種宇宙関連技術開発機関や兵器関連機関・施設、LNIMA関連施設などが多数存在し、それらを守るために特務防空軍ベルゲン連隊が駐留するヴェデリアル基地も存在する。


ラグズダード管区(Ragsderd district)


概要

ローラシアの先端兵器技術の結集する区域で、ローラシア国営兵器産業廠、G.I.U.社総合先端技術研究センター、ローラシア国立原子力研究機構、LNIMA技研部(ケニン・ファルデ)等が置かれており、最新技術や試作兵器の巣窟。
当然ながら第一級戦略防衛区域に指定されている。
周囲を険しい山に囲まれた標高1700mの盆地に滑走路を建設し、空輸によって資材搬入を行って建設を進めたというほどで、守りに易く攻めに厳しい地形。
ちなみに、ラグズダードという地名は後から国が辺り一体を買い取った際に割り当てたコードネームがそのまま定着したものであって、元々一帯ははガルン・ディアッダ(岩臼)という地名であった。


べネル・ギアヌ要塞(Bennell geane fortress)

ローラシア連邦南東部、大才帝国との国境にもやや近いオーロキア州の山の中に存在する、現役で稼動している中においては、常設の拠点要塞として大陸最大規模を誇る要塞。
べネル・ギアヌ群山の中のテネア山を遠目に見ると幾本もの強化コンクリート製の大小の塔が立ち並び、かなり奇妙な光景。
これらの塔の役割は通気、観測、対空砲陣地等、様々。
要塞本体は山の内部にあり、五本の大きな縦坑道をそれぞれ横の坑道で連結し、縦坑道を中心にして区画が13層重ねられている形になっている。
そのほかに地下ドームや(近くの空軍基地とは別に)地下滑走路(横トンネルにリニアカタパルトなどを備え、艦載機などを運用可能)なども備える。
大陸内から仮想敵国が消滅した今、防御拠点としてではなく巨大な訓練施設として運用されている。
そのため、駐屯しているのも全て訓練兵及び陸軍と空軍の教導隊のみである。
また、33km北西の廃都市(人口減少により閉鎖した)旧ネラル・クレム市及びその都市北東に東西戦争時構築されたネラル・クレム要塞は現在「要塞化拠点攻略演習」の演習場として活用されている。

尚、巨大な訓練基地として利用されてはいるが、防衛拠点やミサイル基地としての機能そのものはかなり縮小はされているものの一応維持されているため、有事の際はれっきとした戦闘基地(フレイムランス中距離戦術弾道弾の発射基地)として稼動する。
ちなみに無論の事ながらミサイル自体は撤去されており、発射関連部隊も配備されていない。


ウェイアード島要塞(Wayared Island fortress)


概要


ファープ島(Farpe Island)(カークスト諸島(Kerckeste Islands))


概要

クラスク群島(Krask herd island)

概要
北方に位置する大枢洋に浮かぶ小さな群島。
世界的な好漁場として知られる。
(編集中)


クウェルト島(Cwelt Island)

  
概要
海軍基地兼海軍工廠が稼動。
大規模な造船施設群もある。
LNIMAの実験艦隊の母港でもある。
(編集中)


嘆きの島 クローリン島(Crowllin Island)

           
ローラシア軍の核実験場。
ゴード大陸から南に1190km離れた絶海の孤島に位置する小さな島。
元々は直径13kmほどであったが、今までに行われた47回の核実験によって島の形が完全に変わってしまった。
今でも立ち入ることは愚か近づくことすら危険な程の残留放射能によって死の島と化している。
また、周辺に住む漁民の中で被爆者の存在が報告されている。

  • 最終更新:2008-09-16 18:42:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード