交通(アクティシア共和国)

鉄道

アクティ高速鉄道

アクティシア島の主要都市を結ぶ高速鉄道を運営する。
通常型の技術力としては最高域に達している。今後はリニアモーター方式へと移行する予定で、すでに1本目の路線が建設中である。

アクティシア国営鉄道

幹線は全て時速150km運転が可能な設備を整えている。地方線は赤字路線の割合が大きくなっており、いかに改善できるかが問題となっている。

民間鉄道

州営鉄道との相互直通運転を実施している会社も多く、規格もそれにあったものとなっている路線が多い。

首都地下鉄

アクティシア行政特別区内を走る地下鉄で、経営は半官半民。州営鉄道、民間鉄道との相互直通運転によりネットワークを形成している。

行政特別区内鉄道路線図(暫定版)

行政特別区路線図.jpg
!現在この路線図は編集中です!

道路

高規格道路

航空機(主に軍の戦闘機)の離着陸が行える道路。

高速道路

国が整備を行っており、全線片側4車線と緊急車両通行帯を設けた有料道路。正式には国家管理道路という。
直線区間においては高規格仕様となっている。国内に11路線が整備されている(整備中含む)。

経済・物流政策の一環として、高速道路脇に所在する企業・工場向けに専用の高速道路出入り口を設置している。
これにより製造された部品や製品をすぐさま輸送できる。設置には国家交通省道路局の認可が必要である。

一般道路

州が整備を行う道路(州管理道路)。幹線から生活道路まで、全ての道路を管理する。

航空

エア・アクティ(アクティシア国営航空)

最大規模の航空会社。国際・国内線を有する。

オーエンズ航空株式会社

貨物輸送を主力とする。共和国軍空軍との協定により貨物機の90%は軍から貸与されており、有事の際には戦略物資輸送に従事する。

アクティシア・エアラインズ株式会社

国内線で主に収入を得ている。本島から離島への路線を持ち、旅客運賃も低価格なことから人気な会社である。

船舶

バルティーレ海運

鉄道・航空(エア・アクティへの資本参加)にも携わる企業グループが運営する海運会社。
同社以外に関わらず、海運会社は海軍との協定により有事の際は優先的に戦術物資輸送に従事する。

ウインフィールド国際空港改良計画

国内最初の国際空港で、行政特別区コーネル特別区にある同空港は、開港当時から指摘されていた不備を解決すべく、改良計画を打ち出した。

1、貨物港を空港施設に併設。
2、空港施設拡充の為の敷地拡張。
3、高速道路の空港ターミナルまでの延長。
4、鉄道貨物線の敷設。
5、商業施設の空港敷地内での出店。


  • 最終更新:2014-01-16 14:22:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード