文化(アクティシア共和国)

スポーツ

海での漁をする際に使われていた「カノア」と呼ばれる小型のボートを、競技用に改良したのが始まり。今ではカノアレースの全国大会も行われている。
また、家族でも乗れるレジャー用も作られ、安定性を重視している作りな為年齢に関係なく楽しめるものになっている。
体験学習で自然の中をカノア漕ぎしてもらう他、水路の残る街を観光する為の交通手段の1つとしてカノアが使用されている。

湯治

火山島の集合体のアクティシアではごく一般的な温泉。古くから湯治が行われており、今でも病院で温泉を利用した治療法を採用しているところもある。

宗教

島々を囲む大海を神として崇めており、ロイスダウ正教は国教に指定されており、海の神「ガイウス」を全ての大地・生物の誕生の母として祭っている。
ガイウスだけではなく島や海の自然には神が宿っているという多神教的考えを持つ宗派も存在するが、他の宗教で見られるような対立は無い。

  • 最終更新:2013-12-14 23:30:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード