文化(大才帝国)

スポーツ

アイ・ジェス・ゲーム

 帝国300年の伝統をもつと言われるロイヤルゲームで、貴族層を中心に発達した騎馬術を競う12人で1チームの団体競技である。ターン制を敷いており、通常6ターン~9ターンまで行われるが、9ターンの時点で同点の場合は延長となる。
 学校教育の体育プログラムに導入したのをきっかけに、近年、庶民層でも普及し、盛んに行われるようになった。
 現在、大才帝国アイ・ジェス・ゲーム連盟による、プロリーグが存在し、毎年4月~12月まで開幕されている。
 なお、世界体育大会(WSM)の正式種目であり、また20カ国以上がアイ・ジェス世界選手権大会連盟に参加し、同名の大会が行われる。


□プロリーグ

騎団名 保護地域 本拠地馬場 運営母体
エンパイア・ホース サンリバーシティ サンリバードーム騎馬館 皇宮府
セント・グラーリー グラーリー市 グラーリー甘梅馬場 甘梅酒蔵(株)
ハインセム・フェニックス 東グラード市 フェニックス・スタジアム エリカ・フーズ(株)
東陽フュージョン サンリバーシティ 東陽中央馬場 東陽電気鉄道(株)
ジュディーズ・テール マンドリア市 マンドリア運動公園 グボンズ電機(株)
クロス・ロランテッド ペルク市 チア・ロリー・グラウンド チア・ロリー・ホールディングス
ターナ・ファイター レゴスタリア市 皇府辰巳馬場 ターナ・オート(株)
シー・フォース ライナ・ハーバー市 LH海浜馬場 ウォレンマスター(株)
エア・ベルビーク フェルデノスク市 フェルデノスク市民馬場 ベルビーク飛行機(株)
バード・ホース・エイト メーデル市 メーデルドーム アリー芸能プロ(株)




フリクリー・ボール

 レゴスタリアの商人、デ・ゴーヴェフが始めたとされ、その後全国に広まり、大衆スポーツとして定着した。
 直径10cmの球を、フリクリーと呼ばれる競技用の木棒でのみ扱うことができ、ネットで4面に分けられたコート内で行う。奇数点の選手がサーブ権を有し、公式戦での試合時間は、1ゲーム25分で先に3セット取った方が勝者となる。わが国のほか、ローラシア、ジャイリディア、南パスルーズなどでも人気が高い。


□五大国際大会

  • レゴスタリア・フリクリー選手権大会(2月)
  • ジャイリディア選手権競技(4月)
  • デ・ゴーヴェフ記念大会(7月 - 8月)
  • 大才オープン・フリクリー(10月 - 11月)
  • グランマルク・チャンピオンシップ(12月)
 

  • 最終更新:2008-08-29 09:22:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード