社会福祉(ローラシア連邦)

教育

この項目は近々教育項目へ完全移行。
   

医療制度(編集中)

  

医療体制概要

ローラシア連邦では、国民福祉こそが経済の発展に繋がるとの方針の下、教育に並び医療において政策の重要課題と位置づけ、様々な政策を打ち出している。
また行政と民間を織り交ぜ、より質の高い医療を全ての国民が受けられるよう努めている。
その例として次の制度・政策が挙げられる


各州ごとに人口当たりの医師数既定

厚生庁の指針により、一定人口当たりに整備すべき医師・病床数及び州の面積辺りに配置すべき病院・診療施設数の最低基準が既定され、各州自治体は既定数以上の医師及び診療施設の確保に努めなければならない。
その基準の内容や幅は各州ごとに異なるが、概ね厚生庁の指導の下で作成されており、殆ど全ての州において一定以上の診療施設と医師が確保されている。

医療機関の監査

厚生庁隷下に医療福祉機関監査局という組織が設けられ、各州の関連機関等に対し定期的に査察し、適正な医療・介護が実施されているかを監査する。
また、これとは別に抜き打ち監査も行われている。
医療福祉機関監査局が行う監査はあくまで医療・介護行為等に対するものであり、保険の扱い等に関する監査やシステム不備に関する指摘、改善指導などは社会保険庁隷下機関である社会保障監査局が行う。
こちらも定期と抜き打ちの両方を実施している。

民間参画の促進

行政機関が設ける医療・福祉機関の他に民間参画を促進し、市場原理の元より質の高い医療や福祉サービスの提供を狙ったもので、介護施設や都市部の病院などを中心に展開されている。
こちらも公的医療機関同様厳しい監査が実施されているが、未だに制度上の不備も多く、問題が多い。


健康保険制度について

ローラシア連邦での医療保険制度は公的保険(国民健康保険)と民間企業が提供する医療保険制度(民間提供健康保険)との併用式を採用している。
まず、国民は原則的に公的健康保険制度に加入する必要がある。
保険制度の種類及びその対象については編集中。
そして国民はその国民健康保険と各国民ごとに加入する民間提供健康保険とを併用する形で利用する。

国民健康保険

診療費は出来高払いであり、国民健康保険の被保険者は4割を自己負担する。
また支払額の上限が設定されており、同月同医療機関での医療費が上限を超える場合は上限を超える金額については国が補う為、各国民は支払う必要は無い。
保険料の算出法は住民登録をした自治体によって若干異なるが、主として被保険者の前年の所得、資産、被扶養者の人数等によって決定。また、年間保険料には限度額が設けられている。

医療を受けた場合の費用は同じ医療内容であれば全国でほぼ同額。また医療機関を自由に選ぶことができ、全ての医療機関で適用が可能(例外は有)
病院の個室等に入院した場合の差額、歯科の特殊な治療の治療費等、標準とされる医療サービスを超えるものは保険適用外。
また、予防接種、健康診断などには保険が適用されない場合がある。

民間提供健康保険

原則として国民健康保険と併用して使用し、4割の自己負担額が2割~2割5分に低減される。
また、保険会社によっては負担額が2割以下になるプランを設けているところもある。

尚、これら民間提供健康保険の利用が出来ない国民向けに、民間提供健康保険を補う保険制度が整備されている。


支払額・適用範囲などについては編集中。
近いうちに追記。


最先端医療技術と関連産業 




社会保障制度




労働保護対策



主な労働問題


  • 最終更新:2009-02-25 19:13:33

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード