経済・産業(大才帝国)

概要 

 産業部門の労働力構成比をみると、第1次産業が著しく低いのが特徴的だが、農林水産物の生産高は高い。
 かつて食糧の海外依存度は高かったが、農業分野での技術革新が進み、生産量が増えたため、現在の食料自給率は85.2%と高い。
 ハイテク業は、帝都サンリバー周辺に集中し、製造業、公害産業は首都近郊や、地方主要都市に分布している。
 造船業は、首都特別行政区(Capital-Special Administrative District)で盛んで、同地には海軍工廠が集中し、第1艦隊の母港であることも合わせて、北才地方最大の軍港を形成している。
 フェルデノスクでは、古来より発見されていた金脈をはじめ、その他金属類の鉱脈がある。
 近年、プラチナ鉱や、精密機器には欠かせないタングステン等のレアメタルが発見され、ますます鉱山都市として栄えている。








大才帝国経済の分析

 マクロ経済学の視点から大才帝国経済について分析。
 集計化された変数について、経済の動き方や相互連関の分析に主眼。


GDP・経済成長率

財市場分析

資産市場とIS-LM分析








部門別企業

軍需企業

  • ターナ・オート社
    • 戦車車体、軍用車


  • ラックモーターズ
    • 兵員輸送自動車、軍用車


  • テーブル社
    • 銃器類


  • ベルビーク飛行機
    • 戦闘機、ヘリコプター、輸送機、大型哨戒機、ミサイル


  • ウォレンマスター社
    • 各種砲、造船、船体設計、魚雷開発


  • ナグル造船所
    • 造船、補修


  • アームズビル・テクノロジー
    • 各種砲、戦闘機、爆撃機、ミサイル、レーダー、電子誘導装置、コンピュータシステム



自動車産業

  • ターナ・オート社
  • ラックモーターズ社
  • アダル自動車
  • ネオ・ルーフ
  • フォヌーヒ



  • 最終更新:2008-07-26 22:10:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード