財市場分析

財市場分析

※図、グラフは準備中



財市場分析(45度線分析)

□分析対象とする経済の2つの重要な仮定

  • ①需要制約下の経済: 生産要素をフル稼働して生産しても売れ残り(=財の超過供給)が生じる。
  • ②価格変数の下方硬直性: 売れ残りが生じる状況下においても価格変数の調整は完全でない。


□有効需要の原理

 このように需要制約の世界を前提とするため、財の総生産量(=国民所得)は需要に応じて決定されることになる。このような「需要が供給を生み出す」という考え方を有効需要の原理という。
 財の総生産量(=国民所得)をY、財の総需要量をY^dで表せば
  • Y=Y^d
 によって総生産量(Y)が決定すると考えられる。

 単純化の為に海外取引を捨象した閉鎖経済の枠組みで考えると、財の総需要量は以下のように定義される。
  • Y^d≡C+I+G
 消費需要(C)、投資需要(I)および政府支出(G)で構成。


財市場均衡とIS曲線

 上記では、投資が利子率とは独立に一定であるという単純化の仮定がおかれ、財市場均衡条件である
  • Y=Y^d≡C(Y-T)+I+G
 から、G、T、Iを所与としてYが決定すると考えた。
 しかし、投資が利子率に依存する場合は、財市場均衡条件が
  • Y=Y^d≡C(Y-T)+I(r)+G
 となり、1本の方程式で未知数がYとrの2つになり、数学的には解くことができなくなる。
 これは、財市場が均衡するもとでの国民所得と利子率の組み合わせを表している。


□IS曲線

  • 財市場均衡の成立 ⇒ 貯蓄(S)=投資(I)
  • フロー市場たる資金市場が均衡するもとでの国民所得と利子率の組み合わせを表すのでIS曲線という。


  • 縦軸に利子率(r)、横軸に国民所得(Y)を取ると、利子率の下落は、投資需要の増加を通じて財の総需要=国民所得を増大させるため、IS曲線は右下がりになる。


  • IS曲線は財政政策の政策変数(GとT)が与えられたもとで描かれている。
   ↓
  • 政府支出の増大や減税による財政政策は、利子率が一定のもとで総需要を増大させ、IS曲線を右にシフトさせる。
  • IS曲線のシフト幅は45度線分析の乗数効果分(=⊿G/(1-c1))に等しい。



  • 最終更新:2008-07-26 22:01:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード