首都(大才帝国)

サンリバーシティ首都特別行政区(Capital-Special Administrative District)


概要

 サンリバーシティは、大才帝国の首都であり、政治、経済の中心地として発展した大都市である。
 政府直轄の首都特別行政区(=C-SAD)があり、さらに中心部には、SR(サンリバー)と呼ばれる7つの地区が存在する。区は市に準ずる自治体として扱われる。よって、サンリバーシティ自体は市制によるものではない。
 同地区は、政府直轄地であるため、どの州にも属さない。
 特別区制定地域には、サンリバーのほか、レゴスタリアがある。


歴史

 古代、都市国家アラカトロナスとして発展した地域であり、長い歴史を持つ。
 ****年、サンリバーシティ再遷都により、特別行政区を新たに設け、首都機構を形成した。レゴスタリアより宮城、各官公庁が移転されたが、同市は今なお副首都としての機能を果たしている。



特別行政区

SR-01(セアウィン区)

 区の中央には、区全体の62%の面積をもつ宮殿と、国会議事堂・首相官邸・最高裁判所・中央省庁といった首都機能、国家権力が集中するエリア。


SR-02(ヴェルナス区)

 高層住宅群が在り、首都人口の多くはこのエリアに住む。


SR-03(ローデンス区)

 商業が盛んなエリア。わが国の金融の中心。


□フェリネン

 国内最大級の繁華街であり、ローラシア・ノートルアと同じく高級商店街として世界的に有名。
 フェリネン・ブランドとして冠されたものが多く存在。


□電気街ラーグミル

 世界有数の電気街ラーグミルは、家電量販店やコンピュータなど電子部品を販売する小売店が集中する。またマニア向けのショップも立ち並び、国内外から買い物客や観光客が訪れる。
 ラーグミル駅は、ターミナル駅であり、大才帝国鉄道、帝都営団電気軌道、西陽電気鉄道、サンリバーエクスプレス(SRX)の乗換駅である。


□ヴューデン恩賜動植物園

 大才帝国最大級の動植物園であり、スペルギア9世から賜ったものである。世界各国の珍しい動物を集めた『珍獣館』が園内一の人気。休日には多くの家族連れの姿が窺える。


SR-04(デンホープ区)

 陸軍が管轄するエリア。陸軍省本部のある04陸軍基地が存在する。


SR-05(シュノルフ区)

 空軍が管轄するエリア。サンリバー国際空港に隣接するSR-05空軍基地は、首都圏一帯の防空任務を果たす。


SR-06(タルティス区)

 重要産業、工業が集まるエリア。


SR-07(フォスロン区)

 海軍が管轄するエリア。第1艦隊海軍基地がある。民間の造船業も盛ん。また、国際海港での総輸送量は全国一。

  • 最終更新:2008-09-16 00:47:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード